株の教科書.com

米国は想定通り利上げを実施 東京市場は円高重荷か【2017年3月16日】

15日のNYダウは112ドル高の20,950ドルと3日ぶりに反発。FRB(米連邦準備理事会)が想定された通りFOMC(米連邦公開市場委員会)で0.25%の利上げを決めた。今後の利上げ見通しは据え置かれたことで買い安心感が広がったことに加え、原油価格の上昇からエネルギー関連が買われことも支えとなった。一方、今後の利上げ見通しが据え置かれたことで、ドル円は急落。本日の東京市場には悪影響を与えそうだ。前日売られた東芝(6502)の動向も引き続き注目だ。なお、本日はジャスダックにほぼ日(3560)、マザーズにうるる(3979)が新規上場する。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄付き

日経平均は続落スタート 金融と輸出関連が安い

寄り付きの日経平均は前日比118円安の19,458円と続落でスタートした。欧州、米国市場は上昇したものの、FOMCを受けて113円台前半まで円高が進行したことが警戒されている。トヨタ(7203)やホンダ(7267)などの自動車株が安く、TDK(6762)や日立(6501)といった電機株も売られている。金融株も売り優勢で、注目の東芝(6502)は続落。一方、ソフトバンク(9984)は比較的しっかりで、鹿島(1812)は25年ぶりの最高益見通しが好感され、M&Aキャピタル(6080)は上方修正から高い。なお、本日IPOのうるる(3979)、ほぼ日(3560)はともに買い気配のスタート、昨日上場し初値持ち越しとなっているファイズ(9325)は本日も買いが優勢となっている。

東証10時

日経平均下げ幅縮小 ソフトバンクなど切り返す

日経平均は前日比30円安と下げ幅を急速に縮めている。113円近辺への大幅な円高を嫌気した売り物が一巡した後、大型株にインデックス買いが流入し持ち直しを強めている。前日比マイナススタートのファナック(6954)、ソフトバンク(9984)、アドバンテスト(6857)など優良株の一角が切り返している。一方、メガバンクの戻りは鈍く、ファーストリテイリング(9983)、第一生命HD(8750)、良品計画(7453)などが安い。東芝(6502)は前日比7円安の181円まで下落している。本日IPOのうるる(3979)は公開価格3000円に対して3330円、前日商いが成立しなかったファイズ(9325)は公開価格1250円に対して4010円の初値をつけてデビュー。ほぼ日(3560)は買い気配を3300円まで切り上げている。

東証前引け

日経平均3日続落 一時プラス転換の場面も

日経平均 前日比25.80円安の19,551.58円

TOPIX  前日比2.10ポイント安の1,569.21ポイント

前引けの日経平均は25円安の19,551円と3日続落。113円台の円高を嫌気して一段安でスタートした日経平均だが、先物高に伴うインデックス買いが入り、一時プラスゾーンに切り返す場面もあった。東芝(6502)は181円まで下げ、メガバンク、第一生命HD(8750)、ファーストリテイリング(9983)が安い。一方、朝安スタートのソフトバンク(9984)、ソニー(6758)、キヤノン(7751)、ファナック(6954)など優良株の一角が切り返した。東証2部のシャープ(9は反発。マザーズ指数、ジャスダック平均は反発。新規上場のうるる(3979)は初値後の売り物一巡後に買い直されたが、ファイズ(9325)は初値後の売り圧力が強い。ほぼ日(3560)は買い気配を4020円まで切り上げている。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket