株の教科書.com

NYダウ続落【2017年3月15日】

14日のNYダウは44ドル安の20,837ドルと続落。FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表を15日に控えるほか、原油先物の下落が嫌気されて見送りムードが強い。為替も小動きで、シカゴ日経平均先物は50円安の19,430円となり、引き続き手掛り難で始まりそうだ。前日乱高下した東芝(6502)が本日から監理銘柄となる。1週間ぶりに新規上場銘柄としてファイズ(9325)が登場することが注目点。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄付き

日経平均続落スタート 東芝売られシャープ高い

日経平均は前日比80.75円安の19528.75円の続落でスタートした。海外での重要イベント控えやNY株安、原油安、為替の円高と買い手控え要因がある中で、買い材料に乏しく売りが先行する展開。ファナック(6954)など優良株、メガバンクが安い、ソフトバンク(9984)も反落。監理銘柄となった東芝(6502)も売られ寄り付き直後に200円を割り込んだ。一方、三菱重工(7011)が5日続伸。前日急騰した東証2部のシャープ(6753)も大幅高で寄り付いた。なお、本日マザーズに新規上場のファイズ(9325)は買い気配スタート。

東証10時

日経平均下げ渋り 三菱重工が逆行高

日経平均は寄付き後に19,500円近辺まで調整した後に出直り、寄付き水準を上回ってきた。ただ、手掛かり難で戻りは鈍い。メガバンク、トヨタ(7203)、ソフトバンク(9984)など売買代金上位の主力株は安い銘柄が多い。200円近辺で売買の東芝(6502)は小動き。ユーロ円建て転換社債型新株予約券付社債の発行を発表した三菱ケミカル(4188)がファイナンスによる1株利益の希薄化を嫌気して急落。一方、三菱重工(7011)が5日続伸、任天堂(7974)とファーストリテイリング(9983)が朝安から切り返している。今3月期業績を増額修正した大手芸能プロダクションのアミューズ(4301)が急騰。朝高スタートのシャープ(6753)は利益確定売りに押され始めている。

東証前引け

日経平均小幅続落 東芝、シャープが安い

日経平均 前日比57.78円安の19,551.72円

TOPIX  前日比5.68ポイント安の1,569.227ポイント

日経平均は57円安の19,551円と続落。海外重要イベントを控えて買い手かがりに欠けるなか、利益確定売りに押される展開が続いている。ただ、朝安のファーストリテイリング(9983)がプラス圏に引き戻すなど機関投資家のインデックス買いも流入し寄付き後の押し幅は浅い。監理銘柄指定となった東芝(6502)が安く、ソフトバンク(9984)、メガバンクなど主力大型株に安い銘柄が多い。三菱ケミカル(4188)と九州電力(9508)はファイナンスを嫌気して急落。一方、三菱重工(7011)が買い進まれて5連騰。KDDI(9433)、花王(4452)が前引けにかけて上げ幅を広げている。利益確定売りが増加する2部のシャープ(6753)はマイナスゾーンに沈んだ。マザーズ指数、ジャスダック平均も安い。本日マザーズに新規上場のファイズ(9325)は公開価格1250円に対して買い気配値を2132円まで切り上げている。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket