株の教科書.com

0

恐慌の前兆?10年国債のマイナス金利転落でパニックに陥る資産運用の現場

国債マイナス金利_アイキャッチ
1月の日銀の政策決定会合で導入が決定されたマイナス金利の導入は、導入前から日本の資産運用の現場に大きな影響を与えることとなりました。
5日は国内の資産運用会社11社が運用するMMF(Money Management Fund = マネー・マネジメント・ファンド)の全てで新規購入の受付停止や、急激な円高の進行、9日にはスイスに続いて史上2例目の国債運用の目安となる10年国債がマイナス金利に転落など、市場は導入を決定した黒田日銀総裁の思惑とは異なる方向に突き進んでいます。
10年国債のマイナス金利転落に動揺する市場と関係者のつぶやきをまとめました。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket