株の教科書.com

ジャスダック平均の連騰止まる【2017年3月13日】

前週末10日のNYダウは44ドル高の20,902ドルと続伸した。注目されていた米国2月雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想を上回る強い数値となり、3月のFOMC(連邦公開市場委員会)での利上げ観測が高まった。ただ、市場はある程度織り込んでいたことで、株式、為替への影響は限定的となった。重要な海外イベントを控えていることから、東京市場は模様眺めムードが先行する展開が予想される。米破産法の申請検討が報道されている東芝(6502)の動向に関心も向きそうだ。

東証寄付き

日経平均3日ぶり反落 円安一服で売り先行

日経平均は前週末比58.87円安の19,545.74円と3日ぶりの反落でスタート。為替の円安一服から利益確定売りが先行。14日からのFOMC(連邦公開市場委員会)、15日のオランダ総選挙と注目の海外イベントを控えているため、全般は積極的な買いが入りにくい。前週末に急騰したファーストリテイリング(9983)ほか、ソフトバンク(9984)、ホンダ(7267)など自動車株が軟調な始まり。メガバンクも売り先行。全般は売り物一巡後にインデック買いの流入もあったが、戻り売りも多い。好決算が確認された建機レンタルのカナモト(9678)、商業ディスプレイの丹青社(9743)の逆行高が目立つ。

東証10時

日経平均切り返す 通信株の上げ目立つ

日経平均は前週末比プラスゾーンに切り返している。10日の終値ベースでの昨年来高値19,604円を上回って推移している。メガバンクが下げ幅を縮め、上値追いに弾みがつくKDDI(9433)を追って、ソフトバンク(9984)もプラスゾーンに切り返す。NTT(9432)、ドコモ(9437)も高く通信株の上げが目立つ。リクルートHD(6098)も続伸し上場来高値更新が続く。為替が小動きの中で全般は買い戻しが優勢となり始めている。反面、半導体のSUMCO(3436)は一服、新日鉄住金(5401)が5日続落。東証2部のシャープ(6753)が買い進まれ8日の高値383円を大きく更新し、400円に迫っている。堅調な始まりを見たジャスダック平均は22日ぶり反落。

東証前引け

日経平均3日続伸 ジャスダック平均は22日ぶり反落

日経平均 前日比37.40円高の19,642.01円

TOPIX  前日比3.36ポイント高の1,577.37ポイント

日経平均は3日続伸し10日の終値ベースでの昨年来高値19,604円を上回った。14日からのFOMC(連邦公開市場委員会)などの海外イベントを控えて買い手控えのなか、円安一服を受けて反落スタート。しかし、海外機関投資家の買いが流入し切り返した。KDDI(9433)など大手通信が買い進まれ高い。東芝(6502)は買い戻されて続伸。売り先行始まりのメガバンク、ファーストリテイリング(9983)は下げ幅を縮めた。なかで、第一生命HD(8750)、T&D(8795)など生保が安く戻りが鈍い。東証2部ではシャープ(6753)が大商いで昨年来高値更新。マザーズ指数が続伸の一方、ジャスダック平均は22日ぶり反落。

東証後場寄り

日経平均前引け水準発進 メガバンクに買戻し

13日後場寄りの日経平均は35円高の19,640円と、ほぼ前引けの水準を引き継いで始まった。為替が小動きで新規の手掛かり材料に欠ける中、模様眺めムードが強い。売買代金上位の主力株は高安マチマチの展開。業種的には鉄鋼、証券、保険が安く、通信、電気ガス、空運が高いという前場の流れが引き継がれている。東証1部の売買代金と出来高トップは買い戻しが先行する東芝(6502)。メガバンクは後場に入り買いが先行し始めている。225種採用で株価低位のパイオニア(6773)も高い。マザーズでは時価総額トップのミクシィ(2121)が2月高値を更新と一段高。

東証2時

日経平均ジリ安展開 主力株に見送りムード

日経平均は前引け水準を下回る水準にジリ安展開。為替も膠着状態で具体的な買い材料に欠ける中で見送りムードを強めている。先物安からくるインデックス売りでメガバンク、ソニー(6758)など優良株の一角が小口の売り物に押されている。前場に上値を追ったKDDI(9433)など通信株も失速。ファーストリテイリング(9983)、トヨタ(7203)などは値動きが極度に狭まっている。なかで、日立(6501)とNEC(6701)が後場に入り買われるなど、循環物色は継続している。

東証大引け

日経平均3日続伸 通信株が上昇

日経平均は29円高の19,633円と3日続伸。為替の円安一服を嫌気して反落のスタートとなったものの、押し目買いニーズに支えられてプラスゾーンを守った。ただ、FOMC(連邦公開市場委員会)などの海外重要イベントを控えて、上値を追う材料に欠けるため、後場は小幅な値動きにとどまった。大引けにかけては失速したものの、KDDI(9433)やソフトバンク(9984)など通信株や、電力・ガス、空運が高い。東芝(6502)が買い戻され、大引けにかけては任天堂(7974)が一段高に向いた。反面、ファーストリテイリング(9983)や生保株が安い。メガバンクも軟調。ジャスダック平均は22日ぶりに反落し、マザーズ指数も一服。東証2部のシャープ(6753)は一時17円高の399円まで上昇し、昨年来高値を更新した。

おわりに

ジャスダック平均の連騰止まる

日経平均 前日比29.14円高の19,633.75円

TOPIX  前日比3.39ポイント高の1,577.40ポイント

さすがのジャスダック平均も21連騰でストップし22日ぶりに反落した。2月10日から約1カ月間上昇を続けてきたが、この間は循環物色が続き「コレ」といった先導役が無かった。東証1部も決め手に欠ける物色展開が続いている。東証2部のシャープ(6753)も400円乗せにあと1円と迫る399円が前場1回、後場2回のチャレンジ場面があったものの未達。ジャスダック平均とマザーズ指数は後場に入ると、大引けにかけて下げ足を速めるなど地合いはやや悪化の方向に向き始めている。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

ジャスダック平均の連騰止まる【2017年3月13日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン