株の教科書.com

その株は高い?安い?の見極め方

その株は高い?安い?の見極め方

株の知識レベル:

株式投資で成功するためには、その株が高いか安いかを見極める力が必要です。
その方法は、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」に大きく分類することができます。見極め方は非常にたくさんあり、これを使えば絶対に大丈夫というものはありません。

いろいろな方法に触れて、自分に合った見極め方を身につけることをおすすめします。
今回は数ある株価の見極め方から、よく知られているものをいくつか紹介します。

「株価が高い=よい会社」ではない

「株価が高い=よい会社」ではない

A社・B社という2つの会社があり、A社株が1,000円、B社株が2,000円だったとします。この場合、B社の方が「株価が高いから、よい会社」だということにはなりません。
また、C社・D社ともに株価が5,000円だったとしても、両社が同じ実力だというわけでもありません。

これは、それぞれの会社の規模が違うからです。発行済株式総数や時価総額が異なるため、株価だけで高い・安いを判断することができないのです。

それぞれの株価が適正かどうかを見極めるための手法として知られているのが、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」です。

会社を取り巻く環境や現状で見極めるファンダメンタル分析

上場企業は、四半期(3カ月)ごとに決算を発表しなければなりません。
損益計算書(一定期間の収益と費用を表したもの)や貸借対照表(一定時点における資産・負債・純資産を表したもの)などの財務諸表が公表されますが、そこには会社の業績や現状などが詳細に記されています。
そのため、財務諸表などには、その会社の株価が適正かどうかのヒントがたくさん隠されているのです。

また、会社を取り巻く市場や経済環境によっても、業績や株価は左右されます。
このような情報を参考に株価の分析をするのがファンダメンタル分析です。しかし、ファンダメンタルズ分析を行うのは大変です。
会計ルールやファイナンス理論、世界のニュースなど、複雑で膨大な知識を持ってしても、正しい分析ができるとは限りません。

そこで、株が高いのかどうかを判断するヒントとして、ファンダメンタル分析で使われる、さまざまな指標を知っておくようにしましょう。

株価と財務諸表から判断する株価指標

株価と財務諸表から判断する株価指標

ある企業の株価が適正かどうかを判断するために、「株価収益率(PER)」や「PBR」、「配当利回り」といった「株価」と「財務諸表のデータ」をつなげて判断する指標があります。

PERは「株価収益率」とも言われ、株価が1株あたりの純利益が何倍かを表します。PBRは「株価純資産倍率」とも言われ、株価が1株あたりの純資産の何倍かを表します。
配当利回りは、1年間の配当金が(購入時・または現在の)株価の何%になっているかで利回りを求めるものです。
これらが業界水準と比べて高いか低いかを確認して、株価が割高かどうかを判断することができます。

財務諸表から財務指標を求めて比較する方法

財務諸表の数値を使って、さまざまな財務指標を求めることができます。「売上高純利益率」、「総資産回転率」などがあります。

売上高純利益率は会社の収益性を、総資産回転率は「会社が保有する総資産から見て何倍の売り上げを計上できたか」という効率性を示すものです。
投資家である株主が最も気にするべき「自己資本がどれくらい増えているか」を表す指標として、「収益性」と「効率性」、「安全性(の逆数)」を総合した株主資本利益率(ROE)があります。

これらの指標は、今後の成長が望める会社なのか、他社と比較して優位な立場を確保できている会社なのかといったことを見ることができます。
その上で、これから株価が上がるのかどうか判断することができます。

過去の取引データをもとに見極めるテクニカル分析

過去の取引データをもとに見極めるテクニカル分析

会社の業績は、その会社の戦略や市場環境などに左右されます。
しかし、株価の場合は、それらの要素に加えて「投資家の感情」が入っています。「まだ上がりそうだ」、「もう下がるかもしれない」といった気持ちです。

投資家の感情は「欲」がからんでしまうため、今も昔もさほど変わらないと言われています。
そこに目をつけたのが、過去の取引データをもとにしたテクニカル分析です。

ファンダメンタルズでわからないことはテクニカル分析で
株の知識レベル:株取引を行う際には、さまざまなニュースなどを見ながら購入する時期を自分の中で設定して買う人はいると思いますが、これのみでは損失が大きくなった...

テクニカル分析の入門「移動平均線」

テクニカル分析で最もよく知られており、活用している人も多いのが「移動平均線」です。
これは、過去の一定期間の株価(終値)を平均し、それを時系列的につないでグラフ化したものです。

株価チャートに株価よりも緩やかなラインが引かれていることがありますが、そのラインは移動平均線であることがほとんどです。
株価が移動平均線から大きくかい離した場合には、「買われすぎ」または「売られすぎ」と判断されます。

また、複数の移動平均線を引いて交差した時を「ゴールデンクロス」と呼び、相場の転換点を示すと判断されることもあります。
ただ、どれくらいの一定期間を基準として移動平均線を引くかは、それぞれの投資家の好みがあります。自分なりのスタイルを作るのもいいでしょう。

短期トレードならテクニカル投資だが落とし穴に注意!
株の知識レベル:投資手法は大きくマーケット環境や企業業績、あるいは需給、基礎的経済条件をベースに分析を進めるファンダメンタルズと、主にチャートの形状から投資...

まとめ

その株価が高いかどうかは、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を使うことで、判断することができます。
注意しておきたいのは、これらの見極め方はあくまで「予想」であるということです。未来を的確に言い当てることは誰にもできません。

分析を通して「予想の精度」を上げることが目的です。
さまざまな分析手法を使いながら、予想の精度が高い「自分なりの分析手法」を作ることができるように訓練しましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket