株の教科書.com

新規上場銘柄紹介:レノバ

レノバ(9519)が2月23日、マザーズにIPO(新規上場)した。初値は公開価格750円を50%上回る1,125円。後場に入ると即座にストップ高(1425円)に張り付き、初日の取引を終えた。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

住友林業と提携

住友林業と提携

レノバは太陽光やバイオマス、風力、地熱など再生可能エネルギー発電施設の新規開発から運営管理までを手掛ける企業だ。現在は関係会社が太陽光発電所6カ所とバイオマス発電所1カ所を運営している。その総発電容量は161メガワットに上り、ここで作り出した電力をFIT(固定価格買取制度)によって電力会社などに販売している。

発電施設の保有・運営のみならず、新規開発にも注力している点が大きな特徴だ。日照データや風況調査などを行って有望地を選定するところから始まり、地権者との協議が済むと、施設の基本レイアウトから資金調達方法までを含めた事業計画を策定して、これを自ら実行する。

現在は太陽光とバイオマス由来の発電所だけが稼働しているが、風力発電所を福島県内で、地熱発電所を北海道函館市と熊本県南阿蘇村で開発を進めている。会社側は今後も電源の多角化を図るべく、開発人員を増員する意向を示している。

政府は2015年7月に「エネルギー・ミックス方針」を公表し、再生可能エネルギー発電の比率を13年度の14%から30年度には22―24%程度にまで高めることを目標に掲げている。こうして再生可能エネルギー業界全体に追い風が吹く中、同社は昨年5月に住友林業と業務提携を結ぶなど、有力パートナーとの連携を拡大させている。今後は新規開拓や大型案件獲得がスムーズに進むことが期待されている。

レノバの会社概要・上場要綱

事業内容 再生エネルギー発電事業、再生可能エネルギー開発・運営事業
本社 東京都千代田区大手町1―7―2
代表取締役社長CEO 木南陽介
設立 2000年5月30日
上場前資本金 16億6657万円
発行済み株式数 1820万1600株(上場時)
筆頭株主 木南陽介(上場前19.34%)
公募株式数 65万株
売出株式数 56万株(このほかオーバーアロットメントで18万1500株)
仮条件価格 660円から750円
ブックビル期間 2月8日から14日まで
公開価格 750円
引受証券 大和(主幹事)、みずほ、SMBC日興、東洋、SBI、マネックス、いちよし、極東
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

新規上場銘柄紹介:レノバの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン