株の教科書.com

企業発表12月9日発表

不動産デベロッパーのコーセーRE(3246)が来年1月末、飲料などのラベネ製造のフジシール(7864)が、今年12月末の株主に対してそれぞれ1対2株の株式分割を実施すると発表した。1対2の株式分割だと株価は2分の1になり、市場での流動性が増すことになる。理論上の価値も変わらない。株式分割は株主還元策の一環として捉えられ好感材料として株価に働くことが一般的だ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

主な企業ディスクロージャー(29件)

  • 積ハウス(1928):今1月期第3四半期決算、6.0%増収、14.0%営業増益
  • ストリーム(3071):今3月期第1四半期決算、5.7%減収、59.7%営業減益
  • ミツコシイセタン(3099):SWPホールディングスを子会社化
  • コーセーRE(3246):今1月期第3四半期決算、通期上方修正、1対2の株式分割
  • レカム(3323):子会社が中国に新拠点を開設
  • バイク王(3377):11月度のバイク買取事業における販売台数は前年比19.7%減
  • ダイユーリックHD(3546):11月度のホームセンター事業既存店売上高は前年比4.0%増
  • TSI HD(3608):11月の全店売上高は前年比2.9%増、既存店は4.3%増
  • ブレインP(3655):持分法適用関連会社QDSを解散、ヤフーと新たな業務提携
  • 協立情報通信(3670):連結決算開始に伴い業績予想を開示
  • DDS(3782):「FIDO ジャパンワーキンググループ」に参加
  • ケネディクス(4321):約1,478万株の自己株式を消却、12月19日予定
  • アンジェス(4563):DNAワクチンでVical社と戦略的事業提携
  • 城南進研(4720):講談社パルと業務提携
  • 出光興産(5019):韓国有機EL工場の製造能力増強
  • イード(6038):Web広告の費用対効果を最大化するサービスの提供を開始
  • 鎌倉新書(6184):今1月期第3四半期決算、17.8%増収、54.0%営業増益
  • ユビテック(6662):オリックス自動車の高齢者運転見守りシステムに技術協力
  • シーシーエス(6669):今12月期第1四半期決算、9.7%増収、7.2%営業増益
  • ニチユ三菱(7105):新中期経営計画“Perfect Integration 2020”を策定
  • 田中精密(7218):構造改革を実施、150名程度の希望退職者を募集
  • フジシール(7864):1対2の株式分割、基準日は12月31日
  • トーホー(8142):今1月期第3四半期決算、2.3%減収、0.8%営業増益
  • アデランス(8170):11月度の国内合計売上高は前年比5.8%減
  • 南都銀(8367):新規中期経営計画を策定
  • スバル(9632):今1月期第3四半期決算、期末配当予想を引き上げ
  • きんえい(9636):今1月期第3四半期決算、4.9%増収、19.4%営業増益
  • シーイーシー(9692):今1月期第3四半期決算、2.6%増収、4.2%営業減益
  • グランド(9720):144百万円の減損損失

おわりに

社会問題化しつつある高齢者の自動車運転事故。システム開発企業のユビテック(6662)は、オリックス(8591)が展開する運転見守りサービスに技術協力することを発表。事業者用運行管理システムを応用したもので、車載器、通信システムを進化させたもの。オリックスはユビテックの筆頭株主。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket