株の教科書.com

0

NYダウ8連騰【2017年2月22日】

21日のNYダウは118ドル高の20,743ドルと8日連続で最高値を更新した。小売株が好決算で買われ、原油高でエネルギー関連株も買われた。シカゴ日経平均先物は大証終値比65円高の19,445円となり、円相場は1ドル113.70円。米国の利上げペースを占う上で、23日未明に公表される、1月31日から2月1日に開催のFOMC議事要旨が注目されている。本日の東京株式市場については、米国株が高く、為替も落ち着いており、特に売り急ぐ材料もなく買い戻しが先行する地合いとなりそうだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は37円高 楽天が大幅高

寄り付きの日経平均は37円高の19,419円。楽天(4755)は自社株買いが好感され大幅高となり、東レ(3402)は炭素繊維で自動車市場を本格開拓すると報じられ買われている。東芝(6502)が反発し、ソニー(6758)が堅調。JFE(5411)は三菱UFJモルガン・スタンレー証券による投資判断引き上げで高い。日本海洋掘削(1606)はサハリン3鉱区での掘削契約締結を発表したため上昇している。他方、メガバンクやソフトバンク(9984)は小幅高にとどまる。レオパレス21(8848)は家賃収入が減額されたことで大家が提訴と報じられ売られている。

東証10時

日経平均はもみ合い 三菱自動車がにぎわう

日経平均は20円高の19,401円と小動き。円相場が1ドル113円台半ばと若干の円高に振れて、買いの手が委縮。引き続き、自社株買いの楽天(4755)が高く、東芝(6502)は半導体入札の評価2兆円と報じられ上昇している。三菱自動車(7211)が寄り後上げ幅を拡大し、売買代金上位となっている。一方、メガバンクはもみ合い。ファナック(6954)が反落し、味の素(2802)が売られている。トヨタ(7203)とソフトバンク(9984)は小動き。ジャスダックでは上場9営業日目の安江工務店(1439)がストップ高で上場来高値。

東証前引け

日経平均はマイナス圏に 東芝急反発

日経平均 前日比36.32円安の19,345.12円

TOPIX  前日比1.16ポイント安の1,554.44ポイント

前引けの日経平均は36円安の19,345円と朝高からマイナスに転じた。午前11時前に先物安をきっかけに値を消す展開。ファナック(6954)やファーストリテイリング(9983)が安く、ソフトバンク(9984)もマイナス圏に沈んだ。レオパレス21(8848)は家賃減収で大家が提訴と報じられたことで売られ、大東建託(1878)も連想売りを浴びた。一方、東芝(6502)が急反発となり東証1部の株価上昇率トップ、楽天(4755)は自社株買いが好感され高い。三菱自動車(7211)が高く、新日鉄住金(5401)とJFE(5411)も上昇した。2部指数は反落し、ジャスダック平均は9連騰、マザーズ指数は3日続伸。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket