株の教科書.com

90年の歴史は残る?JR原宿駅建て替えへ

駅名は、開業当時近隣にあった地名、原宿(豊多摩郡千駄ヶ谷村大字原宿)から。
特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属している。また、近接する東京地下鉄(東京メトロ)千代田線の明治神宮前〈原宿〉駅との連絡運輸が実施されている。なお、副都心線の連絡運輸は渋谷駅となるため、この駅での連絡運輸はない。しかし山手線車内の自動放送においては当駅においても副都心線への乗り換え案内がなされている。
原宿・表参道地区のアクセス駅で、近隣は若者を中心に賑わいをみせているが、明治神宮や代々木公園の森林に接しており、改札内に乗換路線もない(後述)ことから、ホーム上は比較的閑静である。
二代目となる現在の駅舎は1924年(大正13年)に竣工した木造建築で[1]、都内で現存する木造駅舎で最も古い。建物は二階建てで、尖塔付きの屋根に白い外壁という、イギリス調のデザインとなっている[2]。窓格子は二重斜格子文で、階段に使用されている廃レールには、1950の刻印が見られる。

引用:原宿駅 - Wikipedia

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
Pocket

0

90年の歴史は残る?JR原宿駅建て替えへの口コミ・評判

▼口コミを投稿する

口コミ投稿に関するガイドライン