株の教科書.com

上値が重い展開か【2017年2月17日】

16日のNYダウは7ドル高の20,619ドルと小幅ながら6日続伸。エネルギー株や金融株が売られた一方、公益株や通信株が買われた。円相場は1ドル113円前半でトランプ政権に対する信認低下と3月の追加利上げに対する不透明感でドルが売られた。シカゴ日経平均先物は大証終値比60円安の19,270円となっており、本日の東京株式市場も上値が重い展開が予想される。ただ、今年に入って金曜日に日経平均が下落したのは1月6日だけで5勝1敗となっているためアノマリーが継続するかどうかが注目される。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は118円安 円高警戒で続落

寄り付きの日経平均は118円安の19,228円と円高が警戒され続落の始まり。東芝(6502)が引き続き安く、トヨタ(7203)やオリンパス(7733)が売られ、ソフトバンク(9984)とファーストリテイリング(9983)も下落している。三井不動産(8801)を始めとした不動産株も安く、牧野フライス(6135)やTHK(6481)といった機械株も軟調で、メガバンクは小幅安。一方、トレンドマイクロ(4704)が好決算と増配で急騰し、ニチイ学館(9792)も日本生命と共同で保育事業を展開すると報じられ大幅高。

東証10時

日経平均は下げ渋り 東芝が200円割れに

日経平均は一時174円安まで下げ幅を広げたが、寄付きの水準まで引き戻している。東芝(6502)が200円を大きく割り込み下値模索となり、ソフトバンク(9984)もやや下げ幅を拡大した。円高を嫌気してトヨタ(7203)と日立(6501)が軟調。東京海上(8766)も反落となり、メガバンクは小幅安。一方、トレンドマイクロ(4704)が高値を保ち、信越化学(4063)が3日続伸、三菱ケミカル(4188)は昨年来高値を更新した。ネクステージ(3186)は3月末に1対2の株式分割を実施することが好感され急騰している。2部では今期業績を増額修正したシャープ(6753)が高い。

東証前引け

日経平均は110円安 ジャスダック平均は6連騰

日経平均 前日比110.26円安の19,237.27円

TOPIX  前日比7.30ポイント安の1,543.77ポイント

前引けの日経平均は110円安の19,237円。円高一服で朝方の174円安から下げ幅を縮めた。東芝(6502)が20円安の182円まで急落し、ソフトバンク(9984)、ファーストリテイリング(9983)、メガバンクも下落。カルソニックカンセイ(7248)はTOBに関する特別配当の権利落ちで急落した。一方、トレンドマイクロ(4704)が急騰し、ブイ・テクノロジー(7717)とリクルート(6098)が反発。三菱ケミカル(4188)は傘下の三菱樹脂がポリスチレンシートを3月から値上げすると発表したため、採算改善期待で買われた。ジャスダック平均は6日続伸、マザーズ指数は5日続伸。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket