株の教科書.com

影響はどこまで?「韓進海運」破綻の衝撃

 韓国の海運大手である 韓進海運 は新規の積み荷の受け入れを停止し、米国の港では同社船舶の入港を拒否し始めた。同社が8月31日、日本の会社更生法に相当する法定管理をソウルの裁判所に申請したことを受けた措置だ。

 米国の小売業者にとっては年末商戦向けに在庫を積み増す重要な時期に当たる。韓進海運の法定管理申請を受けて世界貿易には混乱が生じ、米国の荷主はアジア航路での運賃急上昇に直面している。

 韓進海運は輸送能力で世界7位の海運会社で、工業製品のほか、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムやその他の小売業者向けの電子機器、衣料品、家具、玩具といった消費財の輸送を手掛けている。アジアを本拠とする船荷仲介業者は、韓進海運が太平洋を渡って輸送するコンテナ数は1日当たり約2万5000に及ぶとみている。

(後略)

引用:韓進海運の破たん、入港拒否などで世界の貿易に混乱 - WSJ

大韓航空ナッツリターン事件[1]あるいは大韓航空ナッツ回航事件(英: Nuts Incident)[2]は、2014年12月5日、ジョン・F・ケネディ国際空港で離陸のため滑走路に向かい始めた大韓航空86便で、ファーストクラスの乗客として乗っていた大韓航空副社長だった趙顕娥(チョ・ヒョナ)が客室乗務員に対してクレームをつけ、旅客機を搭乗ゲートに引き返させた上でチーフパーサー(機内サービス責任者)を86便から降ろし、運航を遅延させた事件である[3]。
ナッツをきっかけにして暴言を吐き引き返し(ランプリターン)をしたため、しばしば短く「ナッツリターン」「ナッツ・リターン事件」[4][5][6]などと呼ばれている。創業家である趙一族の家族経営体制に対する批判の声が高まるきっかけとなった。

(後略)

引用:大韓航空ナッツ・リターン - Wikipedia


 

 海運世界最大手の1つ、韓国の 韓進海運 の経営破綻で140億ドル(約1兆4200億円)相当もの積み荷が海上に足止めされている。荷主は貨物の回収を急ぎ、顧客に届ける事態に陥っている。業界幹部や船荷仲介業者、荷主の話で明らかになった。

 韓進が先週、法定管理(日本の会社更生法に相当)手続きを取って以来、50万本以上のコンテナを積載した数十隻の船舶が世界中の港で入港を拒否されている。港湾使用料や荷役料を誰が支払うかが不明なためだ。中には韓進の債権者に差し押さえられている船もある。

(後略)

引用:韓進海運の破綻、140億ドル分の貨物が海上で足止め - WSJ

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket