株の教科書.com

シカゴ日経平均先物は一服【2017年2月13日】

10日のNYダウは96ドル高の20,269ドルと続伸。日米首脳会談で同盟や経済関係強化の内容が示されたことが好感された。ただ、会談では安全保障の話が多く、シカゴ日経平均先物は大証終値比40円安の19,340円となった。本日の利食い売りが出て来ることが見込まれるが、トランプ大統領が数週間後に税制改革で驚くべき提案をすると言っていたことに対する期待が残るため大きな調整も考えにくいという見方もある。10日の決算発表で、通期予想を上方修正したダイフク(6383)やTHK(6481)、9カ月で通期の営業利益を超過したステラケミファ(4109)の反応が注目される。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は134円高 ほぼ全面高

寄り付きの日経平均は134円高の19,513円と続伸でスタート。日米首脳会談が友好的となったため安心感から三菱UFJFG(8306)を始めとするメガバンクが高く、トヨタ(7203)やマツダ(7261)といった自動車株も買われ、景気敏感株の鉄鋼株と原油高を受け資源関連株も高い。ナブテスコ(6268)は中期経営計画と増配予想を受け上昇率上位。一方、ソフトバンク(9984)と信越化学(4063)、SUMCO(3436)はもみ合いとなり、ライオン(4912)は決算発表で材料出尽くし感から大幅安となっている。

東証10時

日経平均は51円高と上げ幅縮小 

日経平均は51円高の19,430円と上げ幅を縮小。先週末に大幅高となったため利益確保の売りも出ているもようで、三菱UFJFG(8306)やトヨタ(7203)、富士重工(7270)が上げ幅を縮めた。一方、原油高を受け資源株が買われ三井物産(8031)が上げ幅を拡大している。米国関連として太平洋セメント(5233)が高い。一方、裁定解消売りが影響し、ソフトバンク(9984)とファーストリテイリング(9983)、ファナック(6954)など値がさ主力株は小幅安となっている。

東証前引け

日経平均は朝高後に伸び悩む 三井物産が高い

日経平均 前日比104.45円高の19,483.38円

TOPIX  前日比9.51ポイント高の1,556.07ポイント

日米首脳会談を通過した日経平均は米国株高と為替の円安を受けて続伸で始まった。ただ、日経平均19,500円台乗せ後は、新規の買い材料に乏しく売りに押される展開。メガバンク、トヨタ(7203)は朝方の買い物一巡後は伸び悩む。資源高を受けて三井物産(8031)など大手商社、JX(5020)の堅調さが目立つ。ソフトバンク(9984)、NTT(9432)は売り物に押され、任天堂(7974)も朝高からマイナスゾーンに転じている。新興市場はジャスダック平均、マザーズ指数とも小幅高。シャープ(6753)、森尾電機(6647)がにぎわう東証2部指数は4日続伸。(終)

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

シカゴ日経平均先物は一服【2017年2月13日】の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン