株の教科書.com

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のおすすめポイント

  • 現物株式の売買手数料は、税抜99円からと最低水準
  • 投資情報も充実しており、オリジナルのレポートが見れる
  • トレードツールは特殊注文の機能が多彩。
  • 「岡三RSS」は表計算ソフト(EXCEL)を利用して、システムトレードまで可能

岡三オンライン証券の取引手数料(国内株式)

現物取引(オンライン取引・標準コース)

1約定あたり手数料

約定 20万円 約定 50万円 約定 100万円 約定 300万円 約定 500万円
成行 216円 378円 648円 1,620円 2,268円
指値 216円 378円 648円 1,620円 2,268円
手数料体系
1注文の約定代金
  • 10万円まで:106円
  • 10万円超20万円まで:216円
  • 20万円超50万円まで:378円
  • 50万円超100万円まで:648円
  • 100万円超150万円まで:1,080円
  • 150万円超300万円まで:1,620円
  • 300万円超400万円まで:1,944円
  • 400万円超500万円まで:2,268円
  • 500万円超600万円まで:2,592円
  • 600万円超700万円まで:2,916円
  • 700万円超:3,240円(上限)
日本株、先物オプション、FX(くりっく365)等、業界最低水準の手数料

1日定額手数料

約定 300万円 約定 600万円 約定 900万円 約定 1200万円
1,944円 3,564円 5,184円 6,804円
手数料体系
1日の約定代金合計額
  • 10万円まで:106円
  • 10万円超20万円まで:216円
  • 20万円超30万円まで:378円
  • 30万円超50万円まで:540円
  • 50万円超100万円まで:864円
  • 以降100万円増加毎に540円ずつ増加
日本株、先物オプション、FX(くりっく365)等、業界最低水準の手数料

信用取引(オンライン取引・標準コース)

制度信用/一般信用(無期限)対象銘柄

買方 金利(%) 売方 貸株料(%) 買方 金利(%) 売方 貸株料(%)
2.60% 2.00% - -
東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ・ベンチャーファンド)の制度信用銘柄 ※ETF、ETN、REITの制度信用銘柄も取引可能 -

委託保証金

最低委託保証金(万円) 委託保証率(%) 最低委託保証率(%)
30万円 30% 20%

1約定あたり手数料

約定 50万円 約定 100万円 約定 300万円 約定 500万円 約定 1000万円
成行 324円 540円 1,080円 1,296円 1,296円
指値 324円 540円 1,080円 1,296円 1,296円
手数料体系
1注文の約定代金
  • ~10万円:106円
  • ~20万円:162円
  • ~50万円:324円
  • ~100万円:540円
  • ~150万円:756円
  • ~300万円:1,080円
  • 300万円超:1,296円

1日定額手数料

手数料体系
1日の約定代金合計額
    1日の約定代金合計額
  • ~10万円:106円
  • ~20万円:216円
  • ~30万円:324円
  • ~50万円:540円
  • ~100万円:756円
  • ~200万円:1080円
  • 以降100万円増加ごとに324円ずつ増加

その他手数料

手数料体系
【プラチナコース】対象は前月の累計売買金額7億円以上20億円未満のお客様。
    1日の約定代金合計額
  • ~10万円:106円
  • ~50万円:216円
  • ~200万円:324円
  • 以降200万円増加ごとに324円ずつ増加
信用取引の備考

【プレミアゼロコース】対象は前月の累計売買金額20億円以上(うち現物取引5億円以上)の方。信用取引の手数料が無料となります。適用条件など詳しくは岡三オンライン証券Webサイトをご確認下さい。

岡三オンライン証券の取扱商品

現物 単元未満株 信用 PTS IPO
- -
国内ETF 海外ETF REIT 米国株 中国株
- - -
投資信託 積立 純金積立 外貨MMF 債権
- - -
先物 オプション ワラント NISA ジュニアNISA
- - -

編集部からのおすすめポイント

証券界の老舗である岡三証券グループのオンライン専業会社。「岡三ネットトレーダーシリーズ」(パソコン版トレードツール)は、無料版のライト、WEB版、有料版も2種類(無料条件あり)と、使用者のタイプに応じたツールがシリーズ化されていることが特徴。特殊注文が高機能で、トリガートレール注文も可能。また、板発注機能も使いやすいとの評判がある。注文期限は10営業日先まで。ハイエンドの「プレミアム」には、テクニカルスクリーナー搭載。14のテクニカル指標を組み合わせて銘柄検索ができる。そして、2016年5月に新取引ツール「岡三かんたん発注」が登場した。文字やボタンが大きく初心者でも使いやすく、パソコン、スマホ、タブレットで利用できる。さらに、2016年の8月にはWEB版ツールの新バージョン「岡三ネットトレーダーWEB2」が追加された。こちらもパソコン・スマートフォン・タブレットでの利用が可能。発注機能が向上している。

岡三オンライン証券の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン