株の教科書.com

注目の「ニフティ」売却とコンテンツの行方

13日、大手電機メーカー富士通が子会社のインターネット接続業者(プロバイダー)「ニフティ」ブランドの個人向け事業の売却手続きに入ったことが明らかになりました。
企業向けのシステム開発などに経営資源を集中する戦略に基づいた今回の売却の動きは、ニフティブランドで提供されている様々なコンテンツに影響することが心配されています。
関連する呟きをまとめました。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket