株の教科書.com

0

円高進行でもシカゴ日経平均先物下げ渋り【2017年2月1日】

1月31日のNYダウは107ドル安の19,864ドルと3日続落。トランプ米大統領が「中国や日本は通貨切り下げで優位に立っている」と発言し、一時1ドル112円台前半まで円高が進行した。米国金利が低下し、米国株式市場も悪影響を受けた。シカゴ日経平均先物は大証終値比変わらずの18,980円となり、取引時間中の安値18,820円から戻して取引を終えている。円高やFOMCを控え様子見姿勢が強まりそうだが、日経平均は昨日までの2日間で426円下落し「突っ込み警戒感」も台頭するタイミング。企業業績が好調なことが下支えとなりそうだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は114円安 自動車と銀行の下落率大

寄り付きの日経平均は114円安の18,926円と3日続落のスタート。円高とトランプ大統領の保護主義が警戒され、トヨタ(7203)やキヤノン(7751)、三菱重工(7011)といった輸出関連が安く、丸紅(8002)などの商社株も貿易停滞懸念から売られている。そのほか、メガバンクの下げもきつい。一方、ブイ・テクノロジー(7717)は3日続伸となり、コマツ(6301)とJFE(5411)は逆行高、オリコ(8585)は11期ぶりの復配発表で上昇している。

東証10時

日経平均は22円高 業績底入れ観測が下支え

日経平均は22円高の19,064円。安寄りした後、企業業績底入れ観測により押し目買いが入り、前日比上昇に持ち直した。昨日、通期業績予想の上方修正を発表した三菱自動車(7211)やオムロン(6645)、日東電工(6988)、TDK(6762)、JFE(5411)に買いが入り上昇が目立っている。1ドル=113円台と円高圧力がやや緩和したことを受け、トヨタ(7203)と富士重工(7270)は寄り付きに比べて下げ幅を縮小している。一方、引き続き任天堂(7974)は安く、富士フイルム(4901)は減益決算だったことで売られている。

東証前引け

日経平均は朝安から引き戻す 三菱自動車が人気化

日経平均 前日比0.60円安の19,040.74円

TOPIX  前日比4.00ポイント安の1,517.67ポイント

前引けの日経平均は、前日比ほぼ変わらずの19,040円。1ドル112円台の円高を受け日経平均は安寄りで始まったが、113円台へと円高圧力が一服し、前日水準に引き戻した。業績下方修正の任天堂(7974)が売られ、DeNA(2432)はツレ安。朝高スタートのブイ・テクノロジー(7717)は利益確定の売りに押され値を消し、富士フイルム(4901)は31日発表の2ケタ営業減益決算で一段安。メガバンクも安い。一方、三菱自動車(7211)は31日に通期営業黒字予想に上方修正し大幅高となり、出来高も急増。日東電工(6988)とオムロン(6645)は通期予想の上方修正が好感され高い。ジャスダック平均とマザーズ指数は続落。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket