株の教科書.com

日経平均は96円安 円高が影響【2017年1月30日】

27日のNYダウは7ドル安の20,093ドルと4日ぶりに小反落。10-12月期GDPが予想を下回り株価の重石となった。シカゴ日経平均先物は大証終値比10円高の19,470円。今週の日本株は決算発表が多い。日銀金融政策決定会合が今日と明日開催される予定で、金融政策は変更なしという見方が一般的となっている。ただ、一部には日銀がETFや国債の買い入れ減額に動くという「テーパリング」観測も出てきているため、結果が出るまでは様子見要因となる可能性がある。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は96円安 円高が影響

日経平均の寄り付きは96円安の19,371円と反落のスタート。円相場が1ドル114円台半ばと先週末に比べてやや円高方向で取引されていることが影響しているようだ。東芝(6502)が大きく売られ、ソフトバンク(9984)が反落し、メガバンクも安い。トヨタ(7203)や信越化学(4063)も下落。一方、アルプス電気(6770)は小幅高となり、JFE(5411)が5日続伸。野村総研(4307)と東邦チタニウム(5727)が決算発表を受けて高く、アルパイン(6816)は業績上方修正が好感されている。東証マザーズに27日新規上場し買い気配で商いが成立しなかったシャノン(3976)はこの日も買い気配スタート。

東証10時

日経平均は134円安 薄商いで下げ幅拡大

日経平均は134円安の19,333円。円高が警戒され薄商いの中、日経平均は下げ幅を広げている。出来高トップの東芝(6502)は、不適切会計による株価下落に対して、複数の信託銀行が訴訟を準備していると報じられ下落した。ソフトバンク(9984)とメガバンクも安く、自動車、通信株も軒並み安。前週末に通期業績予想を下方修正した合同製鉄(5410)の下げがきつい。一方、決算と増配を好感したMonotaRO(3064)やブイ・テクノロジー(7717)が逆行高。ジャスダック平均とマザーズ指数は小反発を保っている。

東証前引け

日経平均は144円安 ブイ・テクノロジーが逆行高

日経平均 前日比144.62円安の19,322.78円

TOPIX  前日比10.80ポイント安の1,538.45ポイント

前引けの日経平均は144円安の19,322円。1ドル114円台の円高が警戒され反落。決算発表に対する様子見姿勢も加わり薄商いとなった。ソフトバンク(9984)が5日ぶりに反落し、メガバンクも安く、東芝(6502)は信託銀行による訴訟準備が報じられ売られた。一方、前引けにかけては、値動きの軽いブイ・テクノロジー(7717)が一段高に買い進まれ、任天堂(7974)、アルプス電気(6770)がしっかり。中国春節休暇の最中だが、インバウンド関連に動きは見られない。ジャスダック平均とマザーズ指数は反発。27日新規上場のシャノン(3976)はまだ買い気配が継続している。(終)

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket