株の教科書.com

新規上場銘柄紹介:日宣

日宣(6543)が2月16日、JASDAQにIPO(新規上場)する。1947年に神戸市で創業した広告会社を起源とする老舗企業だ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

放送・通信と住宅業界が主要顧客

放送・通信と住宅業界が主要顧客

現在は主に「放送・通信」と「住まい・暮らし」という、2つの業界に向けてサービスを提供している。

放送・通信業界向けサービスの1つに、テレビ番組情報誌「チャンネルガイド」がある。加入者への配布用として、全国100以上のケーブルテレビ局向けに企画・制作するもので、発行部数は月間150万部に上る。

ちなみに同社はプランナーやデザイナー、コピーライターなど幅広い人材に加えて、印刷部門まで社内に抱えることも大きな特徴だ。業界内では固定費削減のため制作部門を外注するのが一般的であるのに対し、同社は品質・納期の最適なコントロールを図るためと、顧客目線に立った業務を優先している。

このような顧客ファーストの体制が選好されて、「住まい・暮らし」業界向けでは40年以上にわたり「へーベルハウス」という有名ブランドを持つ大手住宅メーカーの旭化成ホームズ(旭化成、3407)向けの業務を受託。会報誌やチラシなど販促物にとどまらず、住宅展示場内に飾る「のぼり旗」を制作するほか、来場者向けのVR(仮想現実)体験イベントを企画・運営するなど、広範にわたる宣伝広告活動の大半を受託している。

近年は第3の分野として、「医療・健康」業界にも参入。ドラッグストアの顧客向けに無料情報誌「KiiTa」、売り場担当者向けに「Re:KiiTa」をそれぞれ発行するほか、製薬会社向けに全国のテレビやラジオを利用した疾患予防を啓発するための番組の企画・運営なども始めている。

日宣の会社概要・上場要綱

事業内容 広告・セールスプロモーションを中心としたコミュニケーションサービス全般の提供
本社 東京都千代田区神田司町2―6―5
代表取締役社長 大津裕司
設立 1953年3月11日
上場前資本金 1億4550万円
発行済み株式数 190万株(上場時)
筆頭株主 大津裕司(上場前23.99%)
公募株式数 20万株
売出株式数 5万株(オーバーアロットメントで3万7500株)
仮条件価格 1月30日に決定
ブックビル期間 2月1日から7日まで
引受証券 大和(主幹事)、SMBC日興、いちよし、岩井コスモ、SBI、マネックス
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket