株の教科書.com

物色テーマ:AI(人工知能)

今、株式市場では「AI」という言葉を「聞かない日はない」といっても過言ではないだろう。製造業から非製造業に至るまで、AIは技術革新のキーワードとなっている。しかし、多用される言語ほど本質が見えにくくなるものだ。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

AIにある2つのアプローチ

AIにある2つのアプローチ

人工知能学会によればAI(人工知能)には、

  1. 人間の知能を持つ機械を作ること
  2. 人間が知能を使ってすることを機械にさせる

――という2つのアプローチがあるという。

コンピューターが囲碁で人間と対決したり、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」などが前者に該当する。

後者は、ビッグデータ解析が象徴的。人間だと何年もかかる分析も、AIなら1、2分で終えてしまう。経験不足の医師をサポートしたり、マーケティングのアドバイスをAIが行うという技術も既にある。

AIはギリシャ神話にも登場しているが、その誕生は1956年のダートマス会議でAIという用語が初めて名付けられた時だというのが定説。

AI関連のキーワードを拾うと、AIビジネスの広がりが見えてくる。アルゴリズムを用いてデータを学習し、コンピューターが自律的に洞察を導き出す「機械学習」。データの特徴をシステムが学習して、事象の認識や分類を行う「ディープラーニング」。人間の脳の神経回路の仕組みを模した「ニューラルネットワーク」を用い、手でモノを動かしたり物体を認識するという、人間なら簡単にできる能力を可能にさせる。

おわりに

「自然言語処理」の技術も重要

人間が言葉でAIに指示するためには、「自然言語処理」の技術が必要で、その研究も方々で進められている。そして、AIを機能させるには、「ハードウエア」の能力向上は不可欠。データ処理能力の高速度化がなければAIは成り立たない。また、「ビッグデータ」がなければAIは何もできず、能力も向上しない。そのほか、「チャットボット」や「コンテンツ・アート制作」など、AI技術を使ったアプリ開発も進んでいる。

主なAI(人工知能)関連銘柄
銘柄 コード ポイント
アドバンスト・メディア 3773 主力とする音声の文字化技術を基に、電話対応をAIで自動化するコールセンターサービスなどを開発。
コムチュア 3844 独立系SI。アパレル業界向けに、販売予測や気象予測で経営アドバイスするAIシステムを展開している。
インスペック 6656 光学式外観検査装置のメーカー。AI技術を用いた病理診断システム開発への取り組みを進行中。
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

物色テーマ:AI(人工知能)の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン