株の教科書.com

米大統領就任式を控え様子見【2017年1月20日】

19日のNYダウは大統領就任式を控え様子見姿勢となり、72ドル安の19,732ドルと5日続落。ムニューチン次期財務長官が規制緩和に消極的な姿勢を示したため、金融株が売られた。シカゴ日経先物は大証終値比55円安の19,045円となっており、本日の東京株式市場も手控えムードとなることが予想される。ムニューチン次期財務長官が長期的には強いドルが重要と発言したことを受け、円相場は一時115円台半ばまで円安が進む場面があった。本日は中国10-12月期GDPや12月工業生産が発表される。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

東証寄り付き

日経平均は売り一巡後持ち直す

寄り付きの日経平均は13円安の19,059円だったが、1ドル=115円台の円安が支えとなり、売りが一巡すると小幅高に持ち直した。任天堂(7974)が続伸となり、トランプ新大統領によるインフラ整備への期待でコマツ(6301)が買い直されている。キリン(2503)はブラジルからの撤退による収益改善期待で高い。メガバンクは小幅高。一方、東芝(6502)は続落となり、タカタ(7312)は売り気配で始まり、小野薬品(4528)が安い。

東証10時

様子見姿勢で上値抑制 東芝が上昇

日経平均は23円高の19,095円と小動き。見送りムードが強く、売り買いともに少ない。東芝(6502)は続落して始まったが、「債務超過を避けるために半導体以外の事業も売却して資金を確保する」という読売新聞の報道が材料視され上昇に転じた。米国長期金利上昇による運用改善期待で、第一生命(8750)や東京海上(8766)など保険株が高くなっている。一方、ソフトバンク(9984)は小反落となり、米新政権による保護貿易主義が警戒されトヨタ(7203)が小幅安となっている。

東証前引け

日経平均は19円高のもみ合い コマツが3日続伸

日経平均 前日比19.59円高の19091.84円

TOPIX  前日比2.02ポイント高の1,530.17ポイント

前引けの日経平均は19円高の19,091円と小幅続伸。米大統領就任式を深夜に控え、売買代金は1兆円割れと様子見姿勢が強まっている。大統領令が発表されることも警戒されており、円安も一服し全般小動き。東芝(6502)が反発し、コマツ(6301)が3日続伸。設備投資増加に期待でファナック(6954)、牧野フライス(6135)も高い。ソフトバンク(9984)はしっかり。一方、保護貿易主義が警戒されトヨタ(7203)は軟調。タカタ(7312)はストップ安売り気配。ジャスダック平均はもみ合い、マザーズ指数は小幅続落。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket