株の教科書.com

物色テーマ:電子ミラー(ミラーレス車)

株式市場では投資家の人気を集めるテーマ材料が存在する。株式市場の地合い、時流をにらんで物色テーマに沿った銘柄が買われるというものだ。昭和の時代にもてはやされた「ウォーターフロント」「含み資産」などがその典型。今回は電子ミラー(ミラーレス車)を取り上げる。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

メリットとデメリットが同居

メリットとデメリットが同居

バックミラーやサイドミラー(ドアミラー)のないクルマが、2016年6月に解禁となった。ミラーの代わりに、カメラとモニターで後方を確認する「電子ミラー」の搭載が可能になったのだ。この規制緩和は、安全技術などの国際標準を定める国連の「自動車基準調和世界フォーラム」(WP29)が2015年11月にミラーレス車解禁を決めたことに伴うものだ。

電子ミラーを使えば死角が少なくなり、夜間や悪天候時でも周りが見やすくなる。ドアミラーがなくなると空気抵抗が軽減され、燃費もよくなる。クルマのデザインも変わってくる。

一方、デメリットもある。複数のカメラからの情報を分析・合成して車内モニターに映す仕組みなので、時間差が生じ、事故の危険性がある。映像の解像度も、まだ目視よりも荒い。もちろんコストが掛かり、プラス10万円ぐらいになるとみられている。

電子ミラーの技術は、将来の自動運転にも生かされる。人工知能を使って複数のカメラの映像を分析・加工することで、無灯火の自転車や歩行者を際立たせてモニターに映す。こうした技術開発が進められている。

この画像認識技術は、衝突回避技術にも応用できる。自動運転の実用化に向けた実地テストを、電子ミラーで行っている形だ。

おわりに

画像処理ソフト企業等が新規参入

電子ミラーの解禁によって、画像処理ソフト企業が自動車ビジネスに参入している。一方、生き残りをかけて、既存のバックミラーメーカーも電子ミラーの分野に参入し始めた。市光工業は自動車部品大手の仏ヴァレオの子会社となり、電子ミラーの量産を始める。電子ミラーの技術向上にはカメラ自体の精度向上が必要なため、レンズメーカーも電子ミラー関連銘柄になっている。

主な電子ミラー関連銘柄
銘柄 コード ポイント
モルフォ 3653 デンソーと業務提携。画像処理技術を軸に、電子ミラーなどの周辺監視システムを先進運転技術に活用。
村上開明堂 7292 自動車用バックミラー最大手。6月に電子ルームミラーを発表し、生産の1割を電子ミラーにするという。
岡本硝子 7746 特殊ガラスのメーカー。バックミラーのディスプレーに使うガラスレンズの量産を開始した。
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

物色テーマ:電子ミラー(ミラーレス車)の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン