株の教科書.com

日経平均は229円安 円高進行を嫌気し一段安【2017年1月12日】

トランプ次期米大統領の会見で、11日のNYダウは乱高下となった。「過去最高となる雇用を創出する」という発言で一時110ドル超上昇したが、薬価引き下げの主張を受け医薬品株が売られて一時マイナスとなる場面もあった。その後原油高によりエネルギー株が買われたことが支えとなり、98ドル高の19,954ドルと反発して終了した。インフラ投資への言及がなかったことで米長期金利が低下し、ドルが売られ円相場は一時1ドル=114円台前半まで円高が進行。その後NYダウ上昇に伴いドルも買い戻され、1ドル=115円台となった。シカゴ日経平均先物は大証終値比10円安の19,340円となっており、本日の東京株式市場は手掛かり材料難の展開が予想される。

東証寄り付き

円高警戒で日経平均は反落 薬品株売られる

寄り付きの日経平均は64円安の19,300円と反落して始まった、その後円高を嫌気して144円安の19,220円と下げ幅を広げている。米医薬品株安にツレ安する形でアステラス製薬(4503)など薬品株が売られ、メガバンクも反落。円高警戒で横浜ゴム(5101)やシチズン(7762)が安い。そのほか、ニトリ(9843)やユニーファミリート(8028)、大東建託(1878)の下げも目立っている。寄り付きは続伸していた任天堂も失速。一方、原油高から石油株は堅調で、ソニー(6758)とコマツ(6301)が逆行高。

東証10時

日経平均一段安 19,100円近辺では下げ渋り

日経平均は228円安の19,136円と一段安。円高を嫌気して下げ幅を広げているが、19,100円近辺で下げ渋り始めている。トヨタ(7203)や日産(7201)など自動車株、メガバンク、武田(4502)など医薬品株が安い。ユニーファミリーマート(8028)はみずほ証券、大東建託(1878)はシティグループがそれぞれ投資判断を格下げし下落。一方、ソニー(6758)と日本カーボン(5302)は続伸し、野村HD(8604)に押し目買いが入り前日終値近辺に持ち直した。ジャスダック平均は7日ぶりに反落。

東証前引け

円高警戒で日経平均は171円安 ソニー逆行高

日経平均 前日比171.91円安の19,192.76円

TOPIX  前日比11.92ポイント安の1,538.48ポイント

前引けの日経平均は171円安の19,192円と反落。11日のトランプ次期米大統領の会見で経済政策に言及がなく一時1ドル114円前半まで円高が進んだことが警戒された。日経平均は一時269円安の19,095円まで売られ後、下げ幅を縮めたが戻りは鈍い。トランプ次期大統領が薬価引き下げを主張した影響で医薬品株が売られた。メガバンクが反落し、自動車株も小幅安となり、小売株に下げがきつい銘柄が目立つ。一方、任天堂に押し目買いが入り持ち直し、日本カーボンやソニー、コマツ、東京エレトロンは堅調。原油高を受け石油株が上昇した。ジャスダック平均は7日ぶりに反落し、マザーズ指数は続落。

東証後場寄り

日経平均は205円安の始まり

日経平均は205円安の19,158円で始まり、その後は下げ基調となっている。引き続き医薬品株が安く、東芝(6502)も売られている。昨日買われた鉄鋼株も反落し、小売株や建設株も安い。一方、任天堂(7974)、ソニー(6758)、日本カーボン(5302)が売買代金上位の中では逆行高と健闘している。米国景気の回復期待で、オークマ(6103)やDMG森精機(6141)といった機械株の一角も堅調となっている。

東証2時

日経平均は243円安 任天堂は続伸

日経平均は243円安の19,121円。1ドル114円高半ばに進んだ円高が警戒され、後場の日経平均は前場の安値を下回る場面があった。その後はリバウンドしているものの戻りは鈍い。前日買われた神戸製鋼(5406)などの鉄鋼株が下げ幅を広げた。円高を嫌気しでオリンパス(7733)や住友ゴム(5110)が安く、東芝(6502)も軟調。一方、明日イベントを控える任天堂(7974)は売買代金トップで続伸し、積水化学(4204)はゴールドマン・サックスが投資判断を新規「買い」と発表したことを受け、上場来高値を更新している。

東証大引け

日経平均は229円安 円高進行を嫌気し一段安

大引けの日経平均は229円安の19,134円と反落した。トランプ次期米大統領の会見を受け、1ドル114円台の円高に進行したことが警戒された。薬価引き下げを主張したことで、アステラス製薬(4503)などの医薬品株が売られ、円高が不安視され住友ゴム(5110)やオリンパス(7733)も安い。東芝(6502)は損失拡大の可能性が報じられ反落した。一方、任天堂(7974)と日本カーボン(5302)、ソニー(6758)は続伸となり、原油高を受けコスモエネルギー(5021)など石油株が逆行高。ジャスダック平均は7日ぶりに反落し、マザーズ指数も安いなど主要指数はすべて下落した。

おわりに

会見内容よりも円高ネガティブ

日経平均 前日比229.97円安の19,134.70円

TOPIX  前日比14.99ポイント安の1,535.41ポイント

日経平均は反落。注目されたトランプ次期米国大統領の記者会見については、その中身よりも副産物のドル安円高のほうが、東京株式市場にネガティブに働いた。ただ、NYダウは乱高下後でも結果的に反発。一方、ソニー(6758)、東京エレクトロン(8035)などには海外機関投資家の買いが個別に流入している。トランプラリーは終ったとの解説も一部で出来始めているが果たしてどうか。なお、3月決算企業の第3四半期決算は16日のホギメディカル(3593)を皮切りに20非から本格スタートする。24日の日本電産(6594)の数字と発表後の株価の動きが業績相場の指針となる。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket