株の教科書.com

0

株は底値で買う!底打ちのサインはこれだ!

ローソク足を組み合わせれば、売買サインの精度がグンとアップします。「その2 株価はローソク足で示される」でも解説したように「陽線」「陰線」「実体」「ヒゲ」といった要素で表されるローソク足。わずか1本の中に投資家の心理が凝縮されています。

単独で見ても十分参考になりますが、複数のローソク足の組み合わせを注意深く観察すると、さらに精度の高い売買サインを読み取ることができるでしょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

底打ちのサインはこれだ!

まずは、相場の底打ちで出現しやすい、もっとも基本的な「買いパターン」を覚えておきましょう。

下の図は「捨て子線」。直前の陰線より下の位置に十字線が出て、その直後に陽線が出たパターンです。下離れ十字線ともいわれ、この後大きな反騰が期待できます。

右上は「長い下ヒゲ」。ローソク足に長い下ヒゲがついた形で、売り勢力よりも、買い勢力のほうが強かったことを示しています。大底のタイミングでよく出現する、典型的な底打ちサインです。

左下は「長大陰線」。黒く長い実体は、ある日(週)に大きく売られたことを意味しています。短期売買が増えている最近はこの長大陰線で底打ちするパターンが増えています。

右下は、「包み線」。底値圏で陰線の後、それを包む(抱く)ように長い陽線が現れた形です。これも相場の底打ちを暗示しています。

いずれも、陽線やヒゲが長いほどシグナルが強いと判断できます。

ちなみに、それぞれのサインを正反対にしたもの(例えば、天井圏での「長い上ヒゲ」)は、それぞれ「売りサイン」となります。

底打ちのタイミングで登場するローソク足

酒田五法とは?

江戸時代、米の先物相場が生んだ「酒田五法」!

この酒田五法は江戸時代、米の先物取引を行っていた出羽国(現在の山形県)の豪農・本間宗久が生み出したローソク足のテクニカル分析です。“その5 相場転換のサインを知ろう”で紹介した「三尊天井」や「逆三尊」は、酒田五法の基本の法則で、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」と呼ばれています。

そのほかにも「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」、底打ちのサインとして紹介した「捨て子線」など現在でも十分に通用するチャート分析が、すでに江戸時代にはなされていました。

本間宗久はすぐれた相場観を持ち、米相場で一大財産を築きました。その分析は「酒田五法」となり、相場観は「相場三昧伝」として、現在にも伝えられています。日本が生んだ相場の古典として、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

おわりに

ローソク足の組み合わせによるサインは、他にもたくさんあります。中でも「酒田五法」のように、200年以上も前から伝承されているものも存在します。

ローソク足のパターンを覚えて、相場転換のポイントを見逃さないようにしましょう。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket