株の教科書.com

0

移動平均線を使って、上昇トレンドに乗ろう

株式投資で成功するためには「安いときに買い、高い時に売る 」ことが王道です。そのためにも株価チャートをうまく活用し、“上昇波動”に乗ることが重要になってきます。

そこで、ここでは株価トレンドの見方や大きな流れを読み取るための分析方法を紹介します。株価チャートと同時に表示されることが多い、移動平均線を見ていきましょう。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

移動平均線とは

株価のトレンドを見る上で、ローソク足とともに覚えておきたいのが「移動平均線」。もっとも基本的なテクニカル分析の一つで、相場の加熱度やトレンドを読み解くのに役立ちます。

移動平均線は、一定期間の株価の平均値を結んだグラフで表示されています。ポピュラーなのは、日足チャートでは5日(短期線)や25日(長期線)、週足チャートでは13週や26週といった各期間から算出された線です。

5日移動平均線はその日を含めて過去5日間の終値の平均値を、25日移動平均線なら過去25日間の終値の平均値を表しています。単純な平均値を用いるので、単純移動平均線と言われることもあり、その他に指数移動平均線や加重移動平均線といった計算方法が異なるものもあります。

まずは、(単純)移動平均線をマスターしましょう。

移動平均とは?

移動平均線の見方、読み方

移動平均線と株価の位置関係を知れば、トレンドの転換期や、おおまかな株価の方向性がつかみやすくなります。

株価の上下動を忠実に再現するローソク足チャートでは、短期間に大きい値動きがあったときにトレンドが判断しにくくなりますが、平均値をもとに算出する移動平均線は滑らかになるので、大まかな株価の方向性がとらえやすくなります。

短期と長期の2本の移動平均線を表示した場合、上昇トレンドでは短期線が上で、長期線が下、下降トレンドでは長期線が上、短期線が下になります。上昇トレンドでは短期か長期いずれかの移動平均線が、株価を下支えするように上昇しているパターンがよく見られます。

移動平均線と株価の位置関係を見比べることで、トレンドの転換を判断することができます。

さらに、移動平均線は「買い時・売り時」を見つける時にも参考になります。株価が移動平均線から大きく離れたら、その反動で再び移動平均線のほうに戻ってくる可能性大きく、株価が移動平均線を大きく割り込めば、割安な水準で買うチャンスと判断できます。

おわりに

株価チャートと同時に表示することで株価投資に有用な「移動平均線」。算出期間を変える、計算方法を変える、3本、4本と複数表示してみるなどいろいろと試し、より有利に売買するために活用しましょう。

日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
総合評価
(0)
Pocket