株の教科書.com

物色テーマ:バラスト水規制

株式市場では投資家の人気を集めるテーマ材料が存在する。株式市場の地合い、時流をにらんで物色テーマに沿った銘柄が買われるというものだ。昭和の時代にもてはやされた「ウォーターフロント」「含み資産」などがその典型。今回はバラスト水規制を取り上げる。

外航船舶に対する「船舶バラスト水規制管理条約」が来年9月8日に発効することが決まり、国土交通省のホームページで開示されている。発効後5年以内に、外航船はバラスト水処理装置を設置することが必要となる。船舶は船体を安定化させるためにバラスト水の注水、排水を行うが、この際にバクテリアや水生生物を外来種として取り込んで外航船が排出した場合、生態系への悪影響が問題視されており、この国際条約は日本が主導したものでもある。

株式市場ではバラスト水の殺菌・中和を行う「スムーズフローポンプ」を手掛けるタクミナ(6322)を中心に株価が動きだしているが、その物色人気が予想以上に持続し始めている。その背景にあるのは「潜在需要規模」だ。

今年6月に発行された三井住友銀行のレポートでは、発効前の1年間と条約発効後5年間程度にわたり年間5000億円を超える需要が創出されるという。合計すると3兆円のマーケットが、造船不況のなかで生まれることになる。株式市場では、その業績へのインパクトが次第に意識され始めている。

おわりに

別表に示した以外の関連株としては、アサカ理研(5724)、住友電工(5802)、木村化工機(6378)、三井造船(7003)、クラレ(3405)などが思惑視されているが、業績インパクトの面ではやはり、中小型株へ関心が向かうことになろう。新たな国策テーマとなった「バラスト水規制」。ひとまず、物色人気はタクミナと内海造船(7018)がリードしているが、寺崎電気産業(6637)などへ拡大し始めている。

主なバラスト水規制関連銘柄
銘柄 コード ポイント
三井造船 7003 造船大手。「オゾン利用によるバラスト水処理システム」が国の型式を取得。他社への販売にも積極的。
クラレ 3405 繊維、化学品メーカー。高精度フィルターと薬剤を合わせたバラスト水管理システムの技術を持つ。
タクミナ 6322 精密ポンプのメーカー。バラスト水処理の薬剤を注入するスムーズフローポンプを製造している。
日本で最も歴史のある証券・金融の総合専門全国紙です。「株式市況」をはじめ「企業ニュース」、「投資信託」「外国為替」「商品先物」など、幅広い投資情報をカバーしています。そのため、個人投資家、機関投資家のほか、全国の証券会社とその支店、全国の取引所と証券各諸団体、上場企業に幅広く愛読されています。
Pocket

0

物色テーマ:バラスト水規制の口コミ・評判

▼口コミを投稿する

コメントを残す

口コミ投稿に関するガイドライン