株の教科書.com

0

新規上場銘柄紹介:トランザス

IoT端末や機器装置の製造販売およびシステム・サービスの提供ならびに業務システム等の受託開発を手掛けるトランザス(6696)が8月9日、マザーズに新規上場する。IP放送、VODなどネットワークを介して映像を再生するセットトップボックス(STB)や、業界ごとの異なる仕様に対応するウエアラブル端末、バーコード読み取り機能付きウェラブルデバイスを受託生産している。

小ロット生産のファブレス型企業

小ロット生産のファブレス型企業

現社長の藤吉英彦氏が1995年1月に、静岡県静岡市に立ち上げた企業を起源に、1999年のインターネットマンションサービス、2002年のSTB取り扱いの開始が成長の原点となった。2006年には映像配信分野に対するIoTソリューションサービスを開始、2008年には世界初立体裸眼3DTV対応STBを開発している。ソフト開発からターミナル(端末)製造、システム・サービス、メンテナンスまでをワンストップで提供していることが特徴だ。

映像配信分野ではホテル・病院、官公庁、企業、販売営業支援分野では、大型公共施設、娯楽施設、小売り、冠婚葬祭業、作業分野では工場などが主要ユーザーとなっている。

ウエアラブル機器の製造は台湾。中国のメーカーに委託するファブレス型企業。垂直統合のワンストップ型サービスとともに、競合が少ない小ロットでの生産に対応していることが特徴となっている。また、今年2月にシンガポールに販売子会社、台湾にR&Dセンターとなる台湾支店をそれぞれ設立し、海外展開の加速を目指している。
前2017年1月期業績は、売上高10億5100万円(2016年1月期比2.3%増)、営業利益1億7700万円(同8.2%減)の増収減益決算。今1月期第1四半期(2-4月)は、売上高2億2100万円、営業利益1900万円を確保している。

おわりに

上場前大株主には、第5位にカー用品販売、ブライダル事業、不動産を展開するジャスダックのアイエーグループ(7509)、6位に投資会社のインテルキャピタルが存在するが、それ以外はほとんど個人所有。アイエーは昨年コンピーターソフト事業をトランザスに事業譲渡している。この2社にはロックアップがかかっていないが、社長および上位個人株主の多くには90日間のロックアップと1.5倍の解除条項が付いている。前期の業績成長が鈍化していることが気にかかるものの、市場人気が高いIoT関連企業で、久々の電機業種ポスト企業の登場とあって、市場人気は高まりそうだ。

トランザスの会社概要・上場要項

企業名 株式会社トランザス
証券コード・市場 6696・マザーズ
上場予定日 2017年8月9日
業種 電気機器
事業内容 IoT端末や機器装置の製造販売及びシステム・サービスの提供並びに業務システム等の受託開発
本社 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
代表取締役社長 藤吉英彦
設立 1995年1月
決算期 1月末
上場前資本金 1億4352万5000円
発行済み株式数 298万8000株
筆頭株主(上場前所有比率) 藤吉英彦(上場前39.97%)
公募株式数 38万株
売出株式数 36万株
オーバーアロットメント 10万株
ブックビル仮条件 1240円~1300円(7月20日決定)
ブックビル期間 7月24日~7月28日
公開価格決定日 7月31日
主幹事証券 いちよし
引受証券 みずほ、SBI、エース、マネックス、極東、水戸
株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket